振袖の「重ね襟」とは?意味を知ってコーデをもっとすてきに!@HANAICHI函館店

2020年08月17日

皆さんこんにちは!HANAICHI函館店です。
お盆休みも終わり8月もあと少し、、
お盆休みはどう過ごされましたか??
 
 
さて、今回はお振袖をより華やかに、お洒落にかかせないアイテムの一つである
重ね襟を、歴史や役割とともにご紹介していきます♪
 
 

<重ね襟の歴史とは??>

平安時代、成人女性の礼装であったお着物、「十二単」。
お着物を重ね着することで、襟元の美しさを競い合っていたとか。
なんと重さは20キロもありました!
 
現代では何枚ものお着物を重ね着することが大変!
そこで考えられたのが「重ね襟」です。
 
また、
"喜びが幾重にも重なりますように"
という願いも込められています。
 
 

<重ね襟の役割>

お着物の品格を上げる略式礼装としての役割を持ち、お振袖との合わせかたによって全体の印象が大きく変わるアイテムです!
 
お振袖と同系色で上品に、補色で華やかに、濃いお色でシックに!
お嬢様のお好みでお振袖をコーディネートすることができます!
 
 

<HANAICHI函館店の重ね襟>

 

・単色、二色のHANAICHI定番重ね衿


単色、二色でスッキリと華やかに着こなすことができる重ね襟はお嬢様のお好みが見付かるよう、沢山のお色を揃えております!
沢山有りすぎて迷ってしまいますが、厳選したお色を試着して頂き、お顔うつりを確認して頂いております♪
 
 

・つまみ細工付きの重ね襟

 
布を糸で細かく絞って染めていく伝統的な染色技法"絞り生地"を使用した、つまみ細工付きの重ね襟です。
可愛らしいコーディネートにピッタリですね!
 
 

・パール、ラインストーン付きの重ね襟

 
より豪華で華やかに着こなすことができるパールやラインストーン付きの重ね襟も大変人気がございます。
ラインストーン付きの襟元はゴージャス感をプラス、パール付きの襟元は上品で可愛らしいコーディネートにピッタリです!
 
 
 
この他にもHANAICHI函館店では沢山の重ね襟をご用意しております!
色も種類も多種多様、お好みのコーディネートに合う重ね襟を見付けにいらしてください♪
 



 
HANAICHI函館店では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ご予約を承る際は他のお客様と来店時間が重ならないよう対応致します。
 
 
 
除菌対策も、入り口に手指消毒液の設置、店内除菌、空間除菌、1時間に1度の換気、スタッフはうがい手洗いをしてマスク着用で接客いたします。
 
 
 
振袖選びや成人式前撮り、お持ちのお振袖のお手入れのご相談に、ぜひ『花いち都屋』にお気軽にご相談ください。
花いち都屋ではWEBもしくはTELでの「ご来店予約を」承っております。
 
 
 
 
ウェブから予約する→https://www.miyakoya.co.jp/others/form-reserve
TELから予約する→TEL:0120-3858-39
 
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
花いち 都屋は創業80周年のお振袖を扱う呉服専門店!
北海道内に5店舗(札幌・函館・帯広・北見・釧路)を構える老舗の呉服店です。
 
HANAICHI函館店は地元に愛されるアットホームな振袖専門店として今年で5年目を迎えます。女性スタッフ5名、お客様に寄り添った接客を日々心がけ頑張っております!
 
道南渡島エリア(函館市・北斗市・亀田郡七飯町・森町・八雲町・長万部町・江差・厚沢部・木古内・知内)の地域の多くの方に向けて最新のお振袖情報をお届けしております。
まずはお気軽にお問合せ、お立ち寄りくださいませ!!