後ろ結び着付けは体が軽くなる!@花いち都屋 講師・工藤啓子

2020年10月12日

 都屋の工藤です。よろしくお願い致します。
 私は後結びを習い始めて20年以上になります。20歳過ぎた時に、本を見て、それなりに着ていたのを数えますと、かなりの年数になります。
(年齢が解りますのでごめんなさい…うふふ笑)
 

 
 昔の人は普通に着ていたんですね。今で言う洋服なんですね。その時代の子ども達はおばあちゃん、お母さんの姿を見て、自然に見て覚えたのでしょう。着方を習わなくても、着られたのですからすばらしいですね。私も見習いたいです。
 最初は慣れない着物に袖を通すのはちょっぴり緊張しますが、一度袖を通すと大丈夫。魔法にかかったように好きになります。覚えるのは大変と思わず、10分練習しましたら、15分休む?そのほうが身に付きます。真剣に練習するのも良いですが、疲れてしまいますので、長続きはしません。私の経験から一生懸命練習しすぎて眩暈をした事があります。一息ついて甘い物がいいですね。緑茶と一緒に……。
 
 私の生徒さんで、左手が不自由な方がおりまして、着物を着る時に肩にかけ、袖を通して、左右前身頃を合わせる時に左の前身頃が、上手くいかず、何回も何回も後ろに手を回すことが出来ず、どのようにして教えたらいいのか?いろいろと考えました。帯は壁につけて支えにしました。

 



 
 そうすると1週間ぐらい毎日練習してなんとか帯を背中に乗せることが出来ました。やればできるんですね。すごいと思いました。もし私だったらどうしていたのか?きっと挫折していたかも左手が不自由でも着物を着てみたいと言う気持に心が打たれました。体も軽くなり、お腹周りも2cm細くなったとか、頑張りましたね。生徒さんから 先生ありがとうございますとおっしゃっていただき私涙もろいので泣いてしまいました……。あー良かったと心の中で…、生徒さんに感謝です。
 
 私は以前頸椎で首が痛くて後ろに手が回らない時がありました。五十肩かと思いました。
 これではダメだと思いテレビを見る時も時間がある時は、両手を後ろに上下動かしていました。信号待ちの時も上下させていましたら、後ろにいた男性から声を掛けられ、元気ですねと、嬉しいのと恥ずかしさが。見られてしまいました。
 普段手は前に出すことが多いですが後ろに上げたり下げたりするのは少ないので、使わない筋肉を使いますので、健康にも良いです。体もぽかぽか、体も軽くなり、後結びで健康になれるのでしたら最高ですね。最近テレビで色々と健康のことを取り上げられていますが、手を後ろに回したり上下することはよいそうです。
 
皆様も私と一緒に楽しく後結びを始めませんか、お待ちしております。
 ◇私が講師を務めます、「花いち都屋 着方教室」の詳細はこちらをご確認ください。

<美しく、楽しく学べる 花いち都屋の着方教室>

◇手ぶらでOK 着物のレンタルも無料です。

<着方教室体験(無料)のお申し込みはこちら>